日本学術会議

日本学術会議

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、昭和24年(1949年)1月、内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。職務は、以下の2つです。

●科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。
●科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

日本経営学会連合

日本経営学会連合

The Union of Business Management Associations in Japan 日本経営学会連合は、経営系学術団体の連合体です。当学会も加盟しています。

ICBM

ICBM

The ICBM is an international conference where Researchers from Japan, America, Australia and China participate.
The ICBM is hosted by the Union of Business Management Associations in Japan.
---------------------------------------
International Conference on Business Management
日本経営学会連合  国際学術センター

国際大会(The 2014 academic conference on business administration)開催のお知らせ

2014年1月4日(土)にHonolulu,Hawaiiにて「The 2014 academic conference on business administration」が開催されます。

本大会は、ポスターセッションのみとなります。

また本大会では、best posters を選出・表彰を予定しております。

こちらの大会は既に終了しました。

第11回全国大会開催のお知らせ

【大会実行委員長 田中賢一(宮崎産業経営大学)】

日本経営実務研究学会・第11回全国研究発表大会が2013年10月26日(土)に宮崎産業経営大学にて開催されます。

つきましては、報告者及び参加者を募集いたしております。希望される方は、下記の要領でご応募下さいますよう、ご案内申し上げます。

多くの方のご参加をお待ちしております。

●全国大会翌日のエクスカーションのご案内

学会翌日(10/27)に宮崎の主要観光地向けバスツアーをご用意させて頂きました。

学会当日はご宿泊され、翌日も復路便が時間に余裕がある皆様はご参加頂ければと存じます。

なお、午前中〜12時頃までコースと午前中〜14時頃までコース等、全5コースご用意させて頂きました。

詳細(スケジュール、時間、料金等)につきましては添付させていただきます。

参加をご希望される皆様は大会実行委員・田中(k-tanaka●po.miyasankei-u.ac.jp)までお知らせください(●⇒@)。

その際、添付各コースの【コース番号】を併せてお知らせ頂けますようお願いします。

参加ご希望の方は、手配の都合上、恐れ入りますが9月30日(月)までにご連絡を頂けますようお願いいたします。

●第11回全国研究発表大会概要
##日程:2013年10月26日(土)
##場所:宮崎産業経営大学大学5号館(宮崎県宮崎市古城町丸尾100番地)

こちらの大会は既に終了しています。

日本経営実務研究学会・日本医療福祉学会 東日本部会 学術研究大会のお知らせ

下記のとおり、日本医療福祉学会東日本支部研究会を開催するはこびとなりましたので、ご案内申し上げます。

日  時: 平成25年2月15日(金)

      研究大会   9時00分〜14時00分

      懇親会   17時00分〜19時00分

会  場: 宮城大学大和キャンパス 401教室予定

講演題目: 1.企業における広告費の費用対効果

        宮城大学 石黒しおり

      2.パチンコ・パチスロ業界の社会貢献活動

        宮城大学 鈴木吉彦

      3.「糖尿病に関する研究―検診の有効性と食事療法―」

        宮城大学 高橋 翔

      4.「糖尿病治療における糖質制限食の可能性」

        宮城大学 伊藤洸矢

参加費: 研究会  無料

     懇親会費 2,000円

こちらの大会は既に終了しています。

第10回全国大会開催のお知らせ(修正)

【大会実行委員長 立川丈夫(横浜商科大学)】

日本経営実務研究学会 第10回全国大会が、2013年3月23日(土)に逗子開成学園(神奈川県逗子市新宿2丁目5番1号)にて開催されます。

つきましては、参加申込みを受付いたしております。希望される方は、下記の要領で申込み下さいますよう、ご案内申し上げます。

記念すべき第10回大会ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。
##事前申込期限:2013年2月25日(月)
##大会参加費等:
事前申込  大会参加費:3,000円  懇親会費:5,000円
当日申込  大会参加費:4,000円  懇親会費:6,000円
##申込み方法:2013年2月25日までに同封の振込み用紙にて、上記金額をお振込み下さいますようお願い申し上げます。大会参加費の振込みをもって、申込み受付とさせていただきます。なお、学会事務局からは、申込み受付完了のご連絡はいたしませんのでご了承下さい。
##問い合わせ先:管理事務局 aba-jim●aba.or.jp (→●を@に変えて送信下さい。)
##その他:大会会場、プログラム等の詳細事項が決定しましたら、随時、当学会のホームページに掲載いたします。適宜、ご確認下さいますようお願い申し上げます。

発表申込期限:2013年1月15日(火)

申込方法:必要事項(?〜?)を記入の上、メールにてお申込み下さい。

<申込先>管理事務局 aba-jim●aba.or.jp (→●を@に変えて送信下さい。)

?発表題目

?発表者の氏名・所属

?共同発表者の氏名・所属(共同発表者がいない場合には”いない”と記述して下さい)

?キーワード(4単語程度)

?概要(400字以内)

※尚、会場の都合上、ご応募いただいた方全員が報告できない可能性があります。

□予稿原稿提出締切り:2013年2月25日(月)

□提出先:研究報告の申込先と同じです。(管理事務局 aba-jim@aba.or.jp)メールにより提出して下さい。

□書式:研究報告申込者にはメールにて「原稿書式見本(word形式)」を送付します。

※ABA大会では会員外の発表希望者に発表を許可します。ただし、下記の条件によります。
1.会員外のみの発表では、参加費6千円とします。
2.会員外のみの共同発表では、参加費は6千円×発表人数とします。
3.学会員の発表に会員外の共同発表者がいた場合で本学会にメリットがある場合は会員外発表者の参加費は免除する。その判断は実行委員長が行う。

こちらの大会は既に終了しました。

学会誌(経営実務研究 第7号)に掲載する学術論文募集に関するお知らせ

学会誌(経営実務研究 第7号)に掲載する学術論文を募集致します。

■概要

○募集論文種類 :A:査読論文、B:自由論文、C:研究ノート・資料など、D:書評

 

○論文投稿の申し込み:

 査読論文及び自由論文の投稿者は、2012年10月9日(火)までに学術委員会・近藤(e-mail)宛へ下記の内容を付記し、投稿の申し込みをして下さい。なお、査読論文及び自由論文投稿の申し込み後は下記の内容を変更することはできませんので、ご注意下さい。

 ?論文の題目、?執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)、?連絡先(第一執筆者のみ)?当該研究を報告した全国大会、研究部会等の名称、報告日、題目(未報告の場合は、学会誌掲載後に報告予定と記述して下さい)

 

○論文提出〆切 :A?D:2012年10月22日(月)

 

○提出先(問合せ):学術委員会委員長・近藤(akihito.kondo●nifty.com)

 →●を@に変えて送信下さい。

 メール添付のみで受付(論文の種類を明記してください)

 

○応募資格 :

 ◇本学会会員であること。

  未入会の方は、このWebの「入会手続き案内」をご確認ください。

  入会手続き後の応募をお待ちしております。

 ◇査読論文及び自由論文については、本学会の全国大会(支部会・研究部会等も含む)で報告していること。または、学会誌掲載後に必ず全国大会等で報告すること。

 なお、支部会・研究部会等で報告した場合は、投稿者が研究報告したことの分かる資料(プログラム、発表資料等)を提出すること。

 

○論文書式 :[Webにある論文投稿要綱をご確認下さい。なお、論文投稿申込者には、メールにより”論文書式等の見本”を送付いたします。]

 なお、具体的な論文書式は次のようになります。

 A4サイズ、余白(左右30 ?、上35 ?、下30 ?)

 本文40字×35行=1400字/枚。

 本文フォント(和文:MS明朝10.5、英文:Centuryまたは Times New Roman 10.5)

 

■査読スケジュール(A:査読論文のみ)

 1次審査通知:2012年11月22日(木)頃予定

 論文修正期間:2012年11月22日(木)?12月14日(金)頃予定

 最終審査通知:2012年12月21日(金)頃予定

 論集発行予定:2012年12月31日(月)頃予定

第10回全国大会開催のお知らせ

【大会実行委員長 立川丈夫(横浜商科大学)】

日本経営実務研究学会 第10回全国大会が、2013年3月23日(土)に逗子開成学園(神奈川県逗子市新宿2丁目5番1号)にて開催されます。

つきましては、参加申込みを受付いたしております。希望される方は、下記の要領で申込み下さいますよう、ご案内申し上げます。

記念すべき第10回大会ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。

こちらの大会は既に終了しています。

国際大会(The 2013 academic conference on business administration)開催のお知らせ

2013年1月5日(土)にHonolulu,Hawaiiにて「The 2013 academic conference on business administration」が開催されます。

本大会は、ポスターセッションのみとなります。

また本大会では、best posters を選出・表彰を予定しております。

こちらの大会は既に終了しています。

第9回全国大会開催のお知らせ

【大会実行委員長 吉田健一郎(麗澤大学)】

第9回全国大会を千葉県柏市麗澤大学にて開催いたします。本大会では「国際社会における日本企業の役割」を統一論題とし、現在の日本企業に焦点を当てて議論を行います。

大変お忙しい時期とは思いますが、万障お繰り合わせの上、統一論題及び一般論題の発表申し込み及びご参加をいただきたくお願い申し上げます。
##月 日: 2012年10月27日(土)
##場 所: 麗澤大学 校舎「あすなろ」
##統一論題:国際社会における日本企業の役割
##全国大会実行委員会委員長:吉田健一郎

国際大会(2012)プログラム決定のお知らせ

2012年1月7日(土)に開催される国際大会(2012)のプログラムが決定しました。

こちらの大会は既に終了しています。

学会誌(経営実務研究 第6号)に掲載する学術論文募集に関するお知らせ

学会誌(経営実務研究 第6号)に掲載する学術論文を募集致します。

●概要

○募集論文種類 :A:査読論文、 B:自由論文、 C:研究ノート・資料など、 D:書評

○論文投稿の申し込み:

 査読論文及び自由論文の投稿者は、2011年10月1日(土)までに学術委員会・近藤(e-mail)

 宛へ下記の内容を付記し、投稿の申し込みをして下さい。なお、査読論文及び自由論文投稿の

 申し込み後は下記の内容を変更することはできませんので、ご注意下さい。

 (1)論文の題目、 (2)執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)、 (3)連絡先(第一執筆者のみ)、

 (4)当該研究を報告した全国大会、研究部会等の名称、報告日、題目(未報告の場合は、学会

誌掲載後に報告予定と記述して下さい)

○論文提出〆切 :A?D : 2011年10月21日(金)

○提 出 先(問合せ):学術委員会委員長・近藤(akihito.kondo●nifty.com)

            →●を@に変えて送信下さい。

            メール添付のみで受付(論文の種類を明記してください。)

○応 募 資 格 :

◇本学会会員であること。

   未入会の方は、このWebの「入会手続き案内」をご確認ください。

   入会手続き後の応募をお待ちしております。

◇査読論文及び自由論文については、本学会の全国大会(支部会・研究部会等も含む)で報告

  していること。

○論 文 書 式 :[論文投稿申込者には、メールにより“論文書式等の見本”を送付いたします。]

 なお、具体的な論文書式は次のようになります。

  A4サイズ、余白(左右30mm、上35mm、下30mm)

  本文40字×35行=1400字/枚。

  本文フォント(和文:MS明朝10.5、英文:Century または Times New Roman10.5)

■査読スケジュール(A:査読論文のみ)

1次審査通知 : 2011年11月21日(月)頃予定

論文修正期間 : 2011年11月21日(月)?12月16日(金)頃予定

最終審査通知 : 2011年12月22日(木)頃予定

論集発行予定 : 2011年12月31日(土)頃予定

テキストのコピーはできません。