日本学術会議

日本学術会議

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、昭和24年(1949年)1月、内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。職務は、以下の2つです。

●科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること。
●科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること。

日本経営学会連合

日本経営学会連合

The Union of Business Management Associations in Japan 日本経営学会連合は、経営系学術団体の連合体です。当学会も加盟しています。

ICBM

ICBM

The ICBM is an international conference where Researchers from Japan, America, Australia and China participate.
The ICBM is hosted by the Union of Business Management Associations in Japan.
---------------------------------------
International Conference on Business Management
日本経営学会連合  国際学術センター

学術論文募集に関するお知らせ

学術誌「経営実務研究第15号」掲載の学術論文を募集致します。

■概要
○募集論文種類 :①原著(査読)論文、②:自由論文、③:研究ノート、④:書評
○論文投稿の申し込み:
 査読論文及び自由論文の投稿者は、2020年9月30日(水)までに学術委員会(e-mail)宛へ下記の内容を付記し、投稿の申し込みをして下さい。なお、査読論文及び自由論文投稿の申し込み後は下記の内容を変更することはできませんので、ご注意下さい。
 論文の題目、執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)、連絡先(第一執筆者のみ)当該研究を報告した全国大会、研究部会等の名称、報告日、題目(未報告の場合は、学会誌掲載後に報告予定と記述して下さい)
○論文提出〆切 :①〜Ⅳ:2020年10月31日(土)
 
○提出先(問合せ):学術委員会(acdcm●aba.or.jp)
 →●を@に変えて送信下さい。
 メール添付のみで受付(論文の種類を明記してください)
 
○応募資格 :
 ◇本学会会員であり、会費を納めていること。
  未入会の方は、このWebの「入会手続き案内」をご確認ください。
  入会手続き後の応募をお待ちしております。
 ◇査読論文及び自由論文については、本学会の全国大会で報告していること。または、学会誌掲載後に必ず全国大会等で報告すること。
 ◇投稿論文は未発表の原稿であること。また、他学会の学会誌等との重複投稿を禁止する。
 ◇論文の盗用や捏造、改竄等の不正行為は一切認められない。これらの不正行為を防止するために学術委員会は、投稿者に対して投稿論文に関連する資料(データ、分析資料、文献、調査資料等)の提出を求めることがある。投稿者は、その求めに応じて関連資料等を提出しなければならない。
 ◇掲載が決定した原著(査読)論文、自由論文、研究ノート及び書評は「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)での公開を認めるものとする。
 
○論文書式 :論文投稿申込者には、メールにより”論文書式等の見本”を送付いたします。この“論文書式等の見本”に規定している書式等を遵守しない場合は、学会誌に掲載されないことをご留意ください。
■査読スケジュール(A:査読論文のみ)

 1次審査通知:2020年11月21日(土)頃予定
 論文修正期間:2020年11月21日(土)〜12月6日(土)頃予定
 最終審査通知:2020年12月19日(土)頃予定
 論集発行予定:2020年12月31日(木)頃予定

 

公認外部監査人制度が発足しました。

一般社団法人日本マネジメント団体連合会が公認する公認外部監査人制度が発足しました。行政書士、公認会計士、弁護士、税理士等で監査知識を有すると認められた者に対して公認外部監査人の称号を付与します。公認外部監査人は、業務監査を行い業務監査証明をします。従来は、このような制度はなく公認会計士のみが監査を行い、地方自治法に基づく行政監査については公認会計士の他に弁護士、税理士が外部監査を行ってきました。しかし、その監査は財務監査が中心で業務監査ではありません。公認外部監査人は公認会計士の独占業務である「財務書類の監査及び証明」は行わず財務も含めた業務監査を行います。新しい民間の制度として注目を浴びると考えます。

詳しくは下記へ
一般社団法人日本マネジメント団体連合会link

学術論文募集に関するお知らせ

学会誌(経営実務研究第14号)に掲載する学術論文を募集致します。

■概要
○募集論文種類 :①原著(査読)論文、②:実践論文、③:研究ノート、④:書評
○論文投稿の申し込み:
 査読論文及び自由論文の投稿者は、2019年10月8日(火)までに学術委員会(e-mail)宛へ下記の内容を付記し、投稿の申し込みをして下さい。なお、査読論文及び自由論文投稿の申し込み後は下記の内容を変更することはできませんので、ご注意下さい。
 論文の題目、執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)、連絡先(第一執筆者のみ)当該研究を報告した全国大会、研究部会等の名称、報告日、題目(未報告の場合は、学会誌掲載後に報告予定と記述して下さい)
○論文提出〆切 :①〜Ⅳ:2019年11月3日(日)
 
○提出先(問合せ):学術委員会(acdcm●aba.or.jp)
 →●を@に変えて送信下さい。
 メール添付のみで受付(論文の種類を明記してください)
 
○応募資格 :
 ◇本学会会員であり、会費を納めていること。
  未入会の方は、このWebの「入会手続き案内」をご確認ください。
  入会手続き後の応募をお待ちしております。
 ◇査読論文及び自由論文については、本学会の全国大会で報告していること。または、学会誌掲載後に必ず全国大会等で報告すること。
 ◇投稿論文は未発表の原稿であること。また、他学会の学会誌等との重複投稿を禁止する。
 ◇論文の盗用や捏造、改竄等の不正行為は一切認められない。これらの不正行為を防止するために学術委員会は、投稿者に対して投稿論文に関連する資料(データ、分析資料、文献、調査資料等)の提出を求めることがある。投稿者は、その求めに応じて関連資料等を提出しなければならない。
 ◇掲載が決定した査読論文及び自由論文は「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)での公開を認めるものとする。
 
○論文書式 :論文投稿申込者には、メールにより”論文書式等の見本”を送付いたします。この“論文書式等の見本”に規定している書式等を遵守しない場合は、学会誌に掲載されないことをご留意ください。
■査読スケジュール(A:査読論文のみ)
 
 1次審査通知:2019年11月30日(土)頃予定
 論文修正期間:2019年11月30日(土)〜12月14日(土)頃予定
 最終審査通知:2019年12月20日(金)頃予定
 論集発行予定:2019年12月31日(火)頃予定

第19回日本経営実務研究学会全国研究発表大会開催のお知らせ

日本経営実務研究学会会員各位

いつもお世話になっております。
日本経営実務研究学会第19回全国研究発表大会が、2019年10月26日(土)に淑徳大学 東京キャンパスにて開催されます。つきましては、報告者及び参加者を募集いたします。希望される方は、下記の要領でご応募下さいますよう、ご案内申し上げます。なお、当日は、International Conference on Business Management(ICBM) 2019 in Tokyo 及び、日本商学研究学会第14回全国研究発表大会も同時開催されます。
多くの方のご参加をお待ちしております。
(※研究報告申込締切り期限を9月23日(月)延長しました)

               記

第19回 日本経営実務研究学会 
全国研究発表大会開催のお知らせ

 日程: 2019年10月26日(土)
 場所:淑徳大学 東京キャンパス(〒174-8631 東京都板橋区前野町6-36-4)
 アクセスマップ:https://www.shukutoku.ac.jp/access/tokyo/
 研究報告申込締切り:2019年9月13日(金)(⇒「3.研究報告申込」参照)
 予稿原稿提出締切り:2019年10月4日(金)(⇒「4.予稿原稿について」参照)
 大会参加の事前申込期限:2019年10月8日(火)(⇒「1.大会参加受付」参照)

※詳細事項が決定次第、随時HPを更新いたします。
 
1.  大会参加受付(一般参加)
  事前申込期限:2019年10月8日(火)
  大会参加費等
  事前申込  大会参加費:9,000円 
  当日申込  大会参加費:10,000円

  申込方法
会員には参加申込み案内等を郵送いたします。事前申込をされる方は、同封の振込み用紙にて、2019年10月8日(火)までに事前申込金額をお振込み下さい。参加費のお振込みをもって、参加申込の受付とさせていただきます。なお、学会事務局からは受付完了のご連絡はいたしませんのでご了承下さい。メール等で事前に参加申込みをされた場合でも当日お支払いの場合は当日申込金額となりますのでご注意下さい。
 
2.  大会プログラム
※詳細事項が決定次第、お知らせいたします。
 
3.  研究報告申込
  研究報告の資格:当学会会員であることが必要です。
  研究報告申込締切り:2019年9月23日(月)(※研究報告申込締切り期限を延長しました)
  申込方法

 下記の申込先へ必要事項(①~⑤)を記入の上、メールにて申込下さい。
申込先:大会実行委員長 奥 倫陽(東京国際大学)
aba-jim●aba.or.jp(●→@)

 ① 発表題目
 ② 発表者の氏名・所属
 ③ 共同発表者の氏名・所属
 *共同発表者がいない場合には“いない”と記述して下さい
 *会員外の共同発表者がいる場合は、その旨お知らせ下さい。
 (会員外の方は、会員外大会参加費が必要です)
 ④ キーワード(4単語程度)
 ⑤ 概要(400字以内)
 ※尚、会場の都合上、ご応募いただいた方全員が報告できない可能性があります。
 
4.    予稿原稿について
  予稿原稿提出締切り:2019年10月4日(金)
  予稿原稿の提出先:研究報告の申込先と同じ(大会実行委員長・奥 倫陽)
 メールにより提出して下さい。
  原稿書式
 書式:Microsoft Word、A4サイズで4枚
 ※研究報告申込者にはメールにて原稿書式見本(word)を送付いたします。

                                   以上

英文ジャーナル(Journal of Management Science 2019)論文募集 のご案内

英文ジャーナルJournal of Management Science(JMS)2019 に掲載する学術論文を以下の通り募集致します。奮ってご応募ください。

1. 応募資格
 日本経営学会連合に属する学会の会員であり,会費を納入していること。
※ 未入会の方は,入会手続き後の応募をお待ちしております。
 日本経営学会連合に属する学会の全国研究発表大会において当該研究を報告し
ていること。または,ジャーナル掲載後に必ず全国研究発表大会で報告すること。

2. スコープ
management に関連する学術分野とします。

3. 募集論文種類
 A:Refereed Paper
研究手法や成果にオリジナリティがあり,有用性が高いと認められる論文とします。なお,6 ページ以上の偶数ページでお願いします。
 B:Non-Refereed Paper
Refereed Paper に該当しない論文で,ページ数は偶数でお願いします。

4. 論文投稿の申し込み
投稿者は,2019 年1 月15 日(火)までに,事務局・論文受付担当へe-mail にて下記の項目を付記し,投稿の申し込みをして下さい。
なお,査読論文及び自由論文投稿の申し込み後は下記の内容を変更することはできませんのでご注意下さい。
 申込み項目
1. 論文の題目
2. 論文の種類(Refereed Paper / Non-Refereed Paper)
3. 執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)
4. 連絡先(第一執筆者のみ)
5. 日本経営学会連合に属する学会において当該研究を報告した全国研究発表
大会の名称,報告日,題目(未報告の場合は,学会誌掲載後に報告予定と記述して下さい)

5. 論文提出〆切
2019 年2 月28 日(木) メール添付のみで受付

6. 論文書式
論文投稿申込者には,メールにより“執筆見本”を送付いたします。この“執筆見本”に規定している書式等を遵守しない場合は,学会誌に掲載されないことをご留意ください。

7. 論文投稿申込み先,論文提出先,問合せ先
事務局・論文受付担当 : scecm●bmsj.or.jp (●を@に変えて送信下さい。)

8. 投稿留意事項
 投稿論文は未発表の原稿であること。また,他学会の学会誌等との重複投稿を禁止する。
 論文の盗用や捏造,改竄等の不正行為は一切認められない。これらの不正行為を防止するために学術委員会は,投稿者に対して投稿論文に関連する資料(データ,分析資料,文献,調査資料等)の提出を求めることがある。投稿者は,その求めに応じて関連資料等を提出しなければならない。

以上
Journal of Management Science 編集委員会

第18 回全国研究発表大会プログラム

先日ご案内しました第18 回全国研究発表大会ですが、座長が決定しましたのでご案内いたします。
なお、会場の東京国際大学は、昨年度とは違うキャンパスなのでご注意ください。
多くの方のご参加をお待ちしております。

第18 回全国研究発表大会プログラム

学術論文募集に関するお知らせ

学会誌(経営実務研究第13 号)に掲載する学術論文を募集致します。

■概要
○募集論文種類 :A:査読論文、B:自由論文、C:研究ノート・資料など、D:書評

○論文投稿の申し込み:
査読論文及び自由論文の投稿者は、2018 年10 月1 日(月)までに学術委員会(e-mail)宛へ下記の内容を付記し、投稿の申し込みをして下さい。なお、査読論文及び自由論文投稿の申し込み後は下記の内容を変更することはできませんので、ご注意下さい。
論文の題目、執筆者名・所属先(連名執筆者を含む)、連絡先(第一執筆者のみ)当該研究を報告した全国大会、研究部会等の名称、報告日、題目(未報告の場合は、学会誌掲載後に報告予定と記述して下さい)

○論文提出〆切 :A〜D:2018 年10 月22 日(月)

○提出先(問合せ):学術委員会(acdcm●aba.or.jp)
→●を@に変えて送信下さい。
メール添付のみで受付(論文の種類を明記してください)

○応募資格 :
◇本学会会員であり、会費を納めていること。
未入会の方は、このWeb の「入会手続き案内」をご確認ください。
入会手続き後の応募をお待ちしております。
◇査読論文及び自由論文については、本学会の全国大会で報告していること。または、学会誌掲載後に必ず全国大会等で報告すること。
◇投稿論文は未発表の原稿であること。また、他学会の学会誌等との重複投稿を禁止する。
◇論文の盗用や捏造、改竄等の不正行為は一切認められない。これらの不正行為を防止するために学術委員会は、投稿者に対して投稿論文に関連する資料(データ、分析資料、文献、調査資料等)の提出を求めることがある。投稿者は、その求めに応じて関連資料等を提出しなければならない。
○論文書式 :論文投稿申込者には、メールにより”論文書式等の見本”を送付いたします。
この“論文書式等の見本”に規定している書式等を遵守しない場合は、学会誌に掲載されないことをご留意ください。

■査読スケジュール(A:査読論文のみ)
1次審査通知:2018 年11 月15 日(木)頃予定
論文修正期間:2018 年11 月15 日(木)〜12 月10 日(月)頃予定
最終審査通知:2018 年12 月20 日(水)頃予定
論集発行予定:2018 年12 月31 日(月)頃予定

第18 回 全国研究発表大会開催のお知らせ

第18 回全国研究発表大会が、2018 年10 月20 日(土)に東京国
際大学にて開催されます。つきましては、報告者及び参加者を募集いたします。希望され
る方は、下記リンクの要領でご応募下さいますよう、ご案内申し上げます。
多くの方のご参加をお待ちしております。

全国研究発表大会開催のお知らせ

経営実務教育研究部会を開催します

以下の通り経営実務教育研究部会を開催いたします。

日本経営実務研究学会 経営実務教育研究部会
・日時:平成30年1月18日(木)13:50-14:20
・場所:千葉工業大学(JR総武線津田沼駅前)
・テーマ:
「専門職大学に関する動向の一考察」
遠山正朗(千葉工業大学)
諸藤寛人(一般財団法人東京総合研究機構)
・参加申込:千葉工業大学PMオフィス6
(E-mail: pmlab●hotmail.co.jp)(●→@)

第17回 日本経営実務研究学会 全国研究発表大会開催のお知らせ

【大会実行委員長 奥 倫陽】

日本経営実務研究学会第17 回全国研究発表大会が2017 年9 月30 日(土)に東京国際大学にて開催されます。
多くの方のご参加をお待ちしております。

●第17回全国研究発表大会概要
 ・日程:2017年9月30日(土)
 ・場所:東京国際大学(〒350-1197 埼玉県川越市的場北1-13-1)
 ・交通アクセス・キャンパスマップ:http://www.tiu.ac.jp/about/access/
 ・大会参加費等
  事前申込  大会参加費: 9,000円
  当日申込  大会参加費:10,000円 

大会プログラムはこちらです。
 ABA大会プログラムH290930(座長有版)

テキストのコピーはできません。